メインの内容へ進む

東浪見の別荘

敷地はサーフタウンとして名高い千葉県長生郡一宮町。建主は普段は都内に住んでおり、週末や休日に趣味のサーフィンを楽しむために別荘を購入し、お風呂場の増築を希望していた。

元々の要望は、今の3分の1位の広さで、バリや沖縄のリゾートヴィラを感じさせる開放的な浴室したいということだった。

対話を重ねていくうちに、単にお風呂に入る場であるバスルームではなく、寛げる場としてのバスルームというコンセプトとなっていった。風呂に入りながらテレビを見たり、湯上がりにソファーでのんびり出来たり、リビングに浴槽が置かれたようなバスルームとなった。窓はガラスの限界サイズまで大きくすることで、屋外にいるような開放的なバスルームとした。

もう一つの要望は、人が集まって楽しめる家と庭にしたいというものだった。

室内を十分な広さにしつつ、ウッドデッキは日差しを避けるアウトドアリビングとし、一部を掘りごたつ式のテーブルとしている。屋上には景色の良い展望テラスを設け、広く開けた庭にはバーベキューも可能なスペースや、テントを張って寝泊まりできる芝生が広がっている。

室内から屋外まで一体的に計画し、敷地全体で楽しめる家となった。

構造・規模:木造地上2階建

建築面積 :65.16m2(増築部)

延床面積 :45.84m2(増築部)

東浪見の別荘