メインの内容へ進む

立川の家

築約30年の木造戸建住宅のリノベーション。不要な壁を解体して部屋を広くすると共に、キッチンやユニットバス、洗面所、庭をリニューアルした。リビングは和室であったが、高齢でも使いやすいようにダイニングテーブルと椅子とした。新しい素材は広葉樹やシナ合板、縁無し畳を使い、既存の和風素材に類似しつつも異なるものを選んだ。新しいけれども初めから馴染んでいることを意図した。

延床面積   :52.17m2

立川の家